【簡単!】目立つニキビ跡や色素沈着、シミをきれいに消す方法とは?

【徹底検証!】ニキビ跡や色素沈着を消すにはどうしたら良いの!?

【徹底検証!】ニキビ跡や色素沈着を消すにはどうしたら良いの!?

 

 

キビ跡で悩まれている方へ、ニキビ跡や色素沈着を消す方法についてご紹介いたします。

 

 

ニキビ跡にも幾つかの種類があります。

 

 

赤や紫のニキビ跡は、血液中のヘモグロビンが原因となっています。

 

 

ヘモグロビンが血液中で酸素と結びついているニキビは赤く見え、酸素と結びついていないものは紫色に見えます。

 

 

赤や紫のニキビ跡は、時間の経過と共に自然治癒することが多いので、特別な対策は必要ありません。

 

 

また、茶色のニキビ跡は、メラニン色素が原因となっています。

 

 

炎症後色素沈着と言われシミの一種となるので、シミの解消方法と同じやり方になります。

 

 

肌の奥に色素沈着として残ってしまうと、表面だけをケアしていたのでは解消するのが難しくなります。

 

 

 

 

 

 

肌の新陳代謝を活発化させ、肌のターンオーバー(再生)を促進させる必要があります。

 

 

ホルモンバランスを調整したり、シミ消し成分として有名なハイドロキノンを配合しているアイテムを使用する必要があります。

 

 

また、ニキビ跡染み専用の美容液なども販売されています。

 

 

ニキビ跡を消すには、重要な2つのポイントがあります。

 

 

・1つは、肌のターンオーバーを健全にすること。

 

 

・2つめは、ホルモンバランスを調整することです。

 

 

ホルモンバランスを整えることで肌のターンオーバーも健全になるので、この2つには繋がりがありますが、ニキビ跡や色素沈着を消すには重要な要素となります。

 

 

 

 

 

 

肌のターンオーバーとは、再生促進のことで、肌の新陳代謝のことを言います。

 

 

肌の深部で作られた細胞が、皮膚の角質層になり、垢としてはがれ落ちる自然なサイクルのことです。

 

 

ちょっとしたニキビ跡があっても、肌のターンオーバーが健全に行なわれていれば、排出されて消えることがあります。

 

 

しかし、代謝が悪く、肌のターンオーバーが健全でないと、シミやニキビ跡として残ってしまいます。

 

 

ニキビができても症状が軽いうちに治れば色素沈着は残りにくいのですが、次々に新しいニキビができると悪化しやすくなります。

 

 

ホルモンバランスの乱れは、様々なことが要因となります。

 

 

ストレスや睡眠不足、運動不足、食生活の偏りなどが挙げられます。

 

 

ニキビの重症化を防ぐことが、ニキビ跡や色素沈着を消すには欠かせません。

 

 

 

【徹底検証!】ニキビ跡や色素沈着を消すにはどうしたら良いの!?

 

 

 

ニキビのお手入れにこんな化粧水もありますので、下記の記事も見て下さい。

 

 

本当はどうなの?ベルブラン化粧水でニキビ跡は消える!?

 

 

以上、ニキビ跡が残ってしまう理由や解消方法についてご紹介しました。

 

 

ニキビ跡やメラニン色素を消すには、単にスキンケアを行なっただけでは治りません。

 

 

生活習慣や食生活の偏りなどを改善し、身体の内側から対策する必要があります。

 

 

ぜひ、上記解消方法を毎日の生活の中で継続して改善するようにしてみて下さい。