【簡単!】目立つニキビ跡や色素沈着、シミをきれいに消す方法とは?

【徹底調査!】ニキビ跡の原因の色素沈着を治す方法

【徹底調査!】ニキビ跡の原因の色素沈着を治す方法

 

 

色素沈着を起こしてしまうと、ニキビ跡が悪化して見えるだけでなく、シミの原因にもなってしまいます。

 

 

ニキビ跡の原因の色素沈着は、炎症後色素沈着と言ってメラニン色素が原因となっています。

 

 

皮膚は防御機能があり、紫外線を浴びて刺激が与えられるとメラニン色素が作られます。

 

 

そのメラニン色素が排出されずに残ってしまうことで、色素沈着になってしまいます。

 

 

色素沈着を治すには、シミ消し成分であるハイドロキノンなどを配合したクリームや化粧品がおすすめです。

 

 

ハイドロキノンは角質層の奥までアプローチし、肌のターンオーバーを促す役割があります。

 

 

肌の新陳代謝が活発に行われることで、古い角質を剥がし落として、ニキビ跡やシミといった色素沈着を消したり薄めたりすることが可能になります。

 

 

 

 

 

 

ニキビ跡の改善には、ケミカルピーリングもおすすめです。

 

 

ケミカルピーリングとは、医療機関でのみ取り扱いが許可されている高濃度の化学薬品で、古い角質や毛穴に詰まっている汚れを化学的に溶かして除去する方法です。

 

 

グリコール酸などのフルーツ酸(AHA)や、サリチル酸マクロゴール(BHA)、場合によってはトリクロロ酢酸などの薬品を使用して施術します。

 

 

☆ケミカルピーリングのメリット

 

 

ケミカルピーリングは、古い角質を除去するため、肌の表皮が生まれ代わり、色素沈着を目立たなくしたり消したりすることが可能です。

 

 

肌にまんべんなく薬剤を塗布し治療しますが、強い薬剤を使用してピンポイントで行なうこともあります。

 

 

ピーリングは、コラーゲンの生成も促されます。

 

 

浅いクレーター状のニキビ跡にも有効です。

 

 

 

 

 

 

ケミカルピーリングのメリットは、何といっても効果が高いことが挙げられます。

 

 

また、日常生活に支障をきたすことなく治療を続けられることも、メリットと言えるかもしれません。

 

 

☆ケミカルピーリングのデメリット

 

 

デメリットは、何度か医療機関へ足を運ばなければいけないことです。

 

 

1回のピーリングで効果を得るのは難しく、2〜4週間のインターバルを空けながら、数回通院する必要があります。

 

 

長期的な治療が必要になることが、デメリットと言えるかもしれません。

 

 

ピーリングの治療を行なっている時は、肌のバリア機能などが低下しています。

 

 

そのため、いつも以上に乾燥などを避け紫外線対策を行なうようにしましょう。

 

 

ピーリング後はしっかりとしたアフターケアも必要なので、医師のアドバイスを受けながら行なうようにしましょう。

 

 

ピーリングは自分で行なうこともできますが、肌にダメージを与えやすいものでもあります。

 

 

自分で行なったことで肌トラブルになってしまっても、自己責任となるので、なるべく皮膚科などでの治療をおすすめします。

 

 

 

【徹底調査!】ニキビ跡の原因の色素沈着を治す方法

 

 

 

☆まとめ

 

 

さて、ここではニキビ跡の原因である色素沈着を治す方法についてまとめてみました。

 

 

色素沈着は肌の表面のケアでなく、肌の奥から改善する必要があります。

 

 

自分で行なうには限界もあるので、皮膚科や美容皮膚科への通院も検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

化粧品もニキビに効果のあるものを使った方がいいのはもちろんです。

 

 

下記の記事にも注目してくださいね。

 

 

【本気で調査!】ニキビ跡におすすめの化粧水はコレ!