【簡単!】目立つニキビ跡や色素沈着、シミをきれいに消す方法とは?

効果あり!?ニキビ跡やしみを消す方法について

効果あり!?ニキビ跡やしみを消す方法について

 

 

ニキビ跡やしみなどの、肌トラブルの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか!?

 

 

そういった肌の悩みを抱える方へ、おすすめの方法をご紹介致します。

 

 

ニキビ跡やしみを消す方法で一般的な方法は、ハイドロキノンという成分が配合された軟膏やクリームを使用する方法です。

 

 

ニキビ跡やしみの炎症性色素沈着では、肌の角質層からアプローチして治す必要があります。

 

 

ハイドロキノンが配合された軟膏は、メラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトを減少させる成分です。

 

 

チロシンという物質に紫外線の外部刺激が加わると、チロシナーゼという酵素の働きによって黒色メラニンに変化してしまいます。

 

 

これが、しみの原因となります。

 

 

ハイドロキノンの軟膏やクリームを使用すると、このメラニン生成をダイレクトに防ぐことが可能です。

 

 

ビタミンCやプラセンタなどの美白成分との違いは、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかける点と言えます。

 

 

 

 

 

 

また、日頃から紫外線対策も行なうようにして下さい。

 

 

ニキビ跡にもしみにも、紫外線などの刺激は良くありません。

 

 

ニキビ跡を消す場合には、年代別によってケアの仕方が多少違います。

 

 

10代と20代では、ニキビのできる原因や特徴にも若干の違いがあるので、それぞれの場合に合わせて対策をとる必要があります。

 

 

10代のニキビの原因は主に、過剰な皮脂分泌や化粧品の油分が原因になっていることが多くあります。

 

 

ニキビのできる箇所も顔中に散らばってできます。

 

 

オイリー肌の方は特にできやすくなります。

 

 

10代のニキビでは、皮脂の分泌や脂分によってできやすくなるので、頭皮を清潔にしたり、日中の脂分を取り除き、清潔に肌を保つことが重要です。

 

 

 

 

 

 

一方、20代のニキビの原因は、主にストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどが理由となっていることが多いです。

 

 

ニキビのできる箇所もあごの周りなどにできやすく、特徴にも治りにくく、跡が残りやすいという性質があります。

 

 

この場合、改善方法としてホルモンバランスを整えることが重要になります。

 

 

食生活の偏りや生活習慣の見直しなどを行なうことで、ニキビをできにくくし、ニキビ跡を作らないようにします。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

ニキビ跡やしみを消す方法について紹介致しました。

 

 

ニキビ跡やしみを消すには、肌のターンオーバーなど新陳代謝を活発化させる必要があります。

 

 

角質層まで届き、肌の奥から代謝を改善できるような成分が配合されたアイテムを使用するようにしてみて下さい。

 

 

こちらの化粧水もオススメなので、記事を見て参考にして下さいね。

 

 

ニキビ跡におすすめの化粧水はコレ!