【簡単!】目立つニキビ跡や色素沈着、シミをきれいに消す方法とは?

あなたは知ってる?ニキビ跡をきれいに治す方法

あなたは知ってる?ニキビ跡をきれいに治す方法

 

 

ニキビ跡をきれいに治す方法には、どういったものがあるのでしょうか。

 

 

肌が汚くならないよう、きれいにニキビ跡を治す方法についてまとめています。

 

 

ニキビ跡にも幾つかの種類があり、それぞれの原因や種類によって治し方も違ってきます。

 

 

ニキビ跡は、大きく分けると3つのタイプに分類されます。

 

 

赤みが残るタイプ茶色などのシミが残るタイプクレーターのデコボコができるタイプです。

 

 

赤みが残るタイプのニキビ跡には、ビタミンC配合の化粧水や美容液を使用したスキンケアがおすすめです。

 

 

赤みの残るニキビ跡は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴の周りのうっ血で起こるので、ビタミンCの炎症や皮脂を抑える効果がおすすめです。

 

 

肌に浸透しやすいビタミンC誘導体を配合した化粧品などを中心に使用するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

茶色や紫色のニキビ跡は、色素沈着を解消する必要があります。

 

 

きれいに治す方法には、ピーリングなどがあります。

 

 

肌トラブルを起こさないよう刺激の少ないピーリング剤を使用するようにしましょう。

 

 

肌のターンオーバーを活性化させ、代謝をよくして角質層から問題解決します。

 

 

◆色素沈着系のニキビ跡では、メラニン生成を避ける必要があるので、紫外線対策も行なうようにしましょう。

 

 

シミ消し成分として効果の高いハイドロキノン配合の化粧品やクリームもおすすめです。

 

 

ハイドロキノンは、メラニン色素を抑える働きや生成そのものを減少させる働きがあります。

 

 

ビタミンCなどに比べても10倍〜100倍もの美白効果があると言われています。

 

 

そのため、以前から皮膚科などではハイドロキノンを処方したシミの治療などが行われていました。

 

 

ニキビ跡をきれいに治す方法に関しての、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

【本気で調査!】ニキビ跡におすすめの化粧水はコレ!

 

 

◆クレーターのデコボコになってしまっているニキビ跡は、赤ニキビが悪化して強い炎症が進行し、皮膚組織が破壊されてしまうことが原因となっています。

 

 

ニキビ跡の中でも、一番やっかいなものと言えます。

 

 

クレーターのニキビ跡をきれいに治すには、皮膚科での治療が必須となります。

 

 

自宅で行なうケアでは限界があります。

 

 

病院では、自宅では不可能なケミカルピーリングやフォトフェイシャル、レーザー治療などで、きれいに治すことが可能です。

 

 

治療費はかかりますが、悪化しているクレーターのニキビ跡も治せるようになってきているので、皮膚科や美容皮膚科を利用するようにしてみて下さい。

 

 

さて、あなたはどのタイプでしたか?

 

 

以上、ニキビ跡をきれいに治す方法についてご紹介いたしました。

 

 

ニキビ跡をきれいに治すには、それぞれのニキビ跡のタイプに合わせた改善方法が必要になります。

 

 

それぞれのニキビ跡に合わせて改善するようにしてみて下さい。

 

 

ニキビ跡に人気の美容液がありますが、それに関しての記事がありますので下記を見て下さいね。

 

 

どんな化粧水よりもベルブランがおすすめ?その理由とは?