【簡単!】目立つニキビ跡や色素沈着、シミをきれいに消す方法とは?

【効果的な方法は?】ニキビ跡やシミの治し方

【効果的な方法は?】ニキビ跡やシミの治し方

 

 

ニキビ跡やシミなどの肌トラブルの治し方についてまとめています。

 

 

ニキビ跡もシミも色素沈着が原因となっていて、毎日の洗顔や保湿だけでは治せないことがあります。

 

 

肌の新陳代謝を活発にして、ピーリングを行う必要があります。

 

 

ピーリングとは肌のターンオーバーを健全にして、古い角質を取り除く角質ケアの一種です。

 

 

このピーリングを自宅で行なう方法として、ハイドロキノン配合の化粧品やクリームを使用する方法があります。

 

 

ハイドロキノンはシミを消す成分として有名で、美白化粧品や専用クリームに配合されています。

 

 

購入者の評判も良く、効果が高い成分として、昨今、特に注目を浴びています。

 

 

また、このような化粧水もありますので、チェックしてみてくださいね。

 

 

 

ベルブラン化粧水でニキビ跡は消える!?

 

 

 

ニキビ跡も茶色くなってしまっているものなどは、シミと同じく、色素沈着が原因になっていることがあります。

 

 

治す方法もシミと同じく、肌の代謝を上げて角質層に沈着した箇所を表面に押し出し、はがすという流れになります。

 

 

肌の角質層に色素沈着してしまっているニキビ跡は、表面のスキンケアだけでは治すことができません。

 

 

肌の新陳代謝を活発化させて、ピーリング効果によって古い角質を除去する必要があります。

 

 

ハイドロキノンが配合されている化粧品や専用クリームは、角質層にアプローチして、ニキビ跡やシミといった肌の奥にあるものを表面に押し出します。

 

 

その後、アカのような感じではがれ落としていきます。

 

 

肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す成分ととらえると、イメージしやすいかもしれませんね。

 

 

使用を始めて、おおよそ2週間〜1ヶ月くらいで効果が実感できます。

 

 

しかし、ハイドロキノンという成分は、配合率によっては副作用に注意しなければいけません。

 

 

 

 

 

 

化粧品やクリームなども、商品によっては配合率が違います。

 

 

2%以下に抑えられたものや、4%以上配合されているものもあります。

 

 

当然、配合率が高いものの方が効果も高いですが、赤みや湿疹、腫れなどといった副作用にも注意しながら慎重に使用する必要があります。

 

 

また、ピーリングは、皮膚科や美容皮膚科などのクリニックで受けることもできます。

 

 

ケミカルピーリングなどでニキビ跡やシミを解消することが可能です。

 

 

 

■まとめ

 

 

ニキビ跡やシミなどを治すために、肌の奥からスキンケアする方法についてご紹介しました。

 

 

ニキビ跡もシミも肌の角質層の奥から治す必要があるため、肌表面のケアをしていたのでは治りません。

 

 

クリニックで治療する方法もありますが、自分で治す場合は有効成分の含まれたアイテムを利用するようにしましょう。